So-net無料ブログ作成
Winモバイルな日々 ブログトップ
前の10件 | -

Sprite Backup Lite でバックアップ(X02HT) [Winモバイルな日々]

先週の土曜日のお話。
いつものように母艦であるVAIOとX02HTとをActiveSync(Bluetooth)で接続し同期を取った。
やがて同期を取り終わったようなので接続を切り、X02HTを見ると…ありゃりゃ、やけに画面がスッキリと…。
???…良く見るとビッチリ書き込んであったスケジュールや、ToDoリストがキレイになくなっている。
!!!…もっ、もしや…慌てて連絡先を表示させるが、予想通りに見事にカラ…消えている(T_T)
すぐに母艦に繋ぎなおして、何度も同期を繰り返すが、まぁ、普通に復活する訳ぁない、無駄だわなぁ

何でこんなことになったか、原因は未だに分からないが、所詮MSのActiveSyncを過信していた自分も悪い。
やはりBackUpは必須だったかと、後悔してもAfter Festivalなんだよねぃ
そんな訳で、遅ればせながら…だが買ってみましたBackUpソフト。
購入したのは定評ある「Sprite Backup」、これのLite版。

20080318011445.jpg

価格はおよそ$20で元々お買得なのだが、今は幸い(対米輸出のお仕事の方、ごめんなさい)円高なので割安感が更に倍っ!な感じがする。
セットアップは実に簡単。
WM端末へのアプリ転送にActiveSyncは必要だが、セットアップしてしまえば、端末側の操作だけでMicroSDにバックアップファイルを作成することが可能だ。

20080318011615.jpg

バックアップファイルの作成にやや時間はかかるが、それでも画面の進捗ゲージを見ていられる程度の時間で終わる。(なんじゃそりゃ)
何よりも操作が簡単で、慣れた人ならば直感的に操作していけば、バックアップが取れているはずだ。
まぁ、これでようやく一安心かな。

ちなみに…消えた連絡先等だが、休み明けに会社のPCと同期を取り直したら復活した。
それでももう、ActiveSyncは信じねぇぞ…。

もちろんその後、完全復活の状態でバックアップを取り直したのは言うまでもない。

X02HTとmobatube [Winモバイルな日々]

mobatubeと言うサイトをご存知だろうか?

mobatubeとは、モバイル端末でYouTubeやGoogleVideo、Dailymotion、metacafe動画の検索と視聴が可能になるサービスのこと。
ここ一週間ほど、このmobatubeにハマっている。
もちろんベッドに横になりながら、X02HTでmobatubeを楽しむのだ。
眠る前に疲れた頭をリラックスさせるのに、思わずクスリと笑ってしまうような動画を見るのは実に有効なのである。
また下のサンプル画像にあるように、BGVになるような癒し系の動画も数多くある。

X02HTでmobatubeの動画を見る為には、いくつかのツールが必要になる。標準でWMに付いて来るMedia Playerではダメだ。
そうは言っても、用意するツールはそう多くない。"TCPMP"というPlayerと、専用Pluginの二つ。
どこで入手するかは、まぁ、上記の名前でググッてみて欲しい。そう苦労せずに入手出来るはずだ。(ちなみにTCPMP本体は、SmartPhone(WM6)用を入手のこと。)

さて…入手したTCPMPとPlugin Packをインストールしたら、TCPMPを起動させ「オプション」→「各種設定」→「詳細設定」→「拡張子関連付」で「M3Uプレイリスト」にチェックが入っているかを確認し、もしチェックされていないようであれば、チェックをしておく。
準備はこれで完了である。

後はIEでmobatube(http://mobatube.com/)にアクセスし、好きなキーワードで動画の検索をかける。
気に入った動画が見つかったら、リンクかサンプル画像をクリックし、再生ページの「M3Uで再生」ボタンをクリックすれば、TCPMPが目的の動画を読み込んでくれる。
TCPMPはフルスクリーン表示させた方がいいだろう、画質もそれほど劣化しないし何よりも見やすい。なかなかに綺麗な動画を見ることが出来る。

しかしまぁ、X02HTとmobatubeで見る動画、これがなかなか面白い。
う~ん…クセになりそう^^;


Internet Radio J-WAVE [Winモバイルな日々]

最近、家に帰ると、自宅無線LANにX02HTを繋いで、J-WAVEを聞いている。
もちろん、X02HTには普通のラジオの機能は皆無なので、ここでいうJ-WAVEとはインターネットラジオ(リアルタイムストリーミング)のことだ。

聴取方法は簡単。(ただしブラウザは標準のIEの方が良いだろう。)
まずJ-WAVEの専用サイトBrandnew J (http://www.j-wavemusic.com/)にアクセスし、Webページの聴取ボタンをクリックすればいい。
後は勝手にメディアプレイヤーが起動してくれる。
ただし一番最初にアクセスする場合のみ、ライセンスを取得(もちろん無料だ)する為に、簡単なアンケートに回答する必要がある。
一度、ライセンスを取得出来れば、以後、同じ端末からならばアンケートに答える必要はない。

ビットレートは32kなので、それほど高音質…とはいかないが、ラジオだと思えば気にならない。
自宅では先に述べたように、X02HTに無線LANを繋げ、充電とヘッドホン端子が同時に使えるアダプタを介して、イヤホンでJ-WAVEを聴いている。
夜などはマタ~リとして良いのだ。

ブラウザの画面はこんな↓感じ。


X03HT発表… [Winモバイルな日々]

ソフトバンクモバイルが新端末の発表を行った。
「Winケ~タイな日々」に関連したモデルだと、やはり注目せざるを得ないのが、X03HTだ。
写真で見た感じでは、そこそこ小さいのではないかと思う。そのボディにテンキーとQwertyキーを詰め込んだのだから、大したものだ。
まぁ、htcのラインナップからすれば、Wingsというモデルになるのだが…。
実際に市場に出るのは4月以降だろうが、過去の例からみて、一般ユーザーが手にするのは夏頃になるのではないかと思われる。
自分的には、今回のX03HTにはあまり食指が動かない。スライド式にQwertyキーが出てくるのも、いい加減に見飽きたギミックだし…。

それから922SHなるモデルも登場したようだが…、今の自分にとってはまず無線LAN接続でPCメールの送受信が出来ること、VoIPを使用して安価で海外に電話がかけられること、この2点が重要になる。
922SHは無線LANには対応していないようなので、その時点で候補から外れる。

更に気になるのはX02NKである。
NOKIAのN95だが、8Gモデルではない。それでもこのN95はカメラ機能も5Mピクセルのレンズはカールツアイスだし、音楽再生機能も優れている。
不安はNOKIAのオリジナルモデルには搭載されているVoIPのGizmoが、恐らくは搭載されないであろうことと、日本語版をリリースするにあたって、ひどく動作速度が低下するのではないかと言うこと…。
まぁ、Gizmoなんかは、サイトからDLしてくれば良いのだろうけど…。日本語対応のカスタマイズに関しては、あまりSBは信頼出来ない。
このNOKIAのN95は、もう少し調べてみて、もしかしたら、SIMロックフリーな端末を購入するかも知れない。
詳しくは、ここでもご報告して行くつもりだ。


X02HT Brain School DEMO [Winモバイルな日々]

SmartPhoneでもケ~タイでも、ちょっとした空き時間に時間潰しになるゲームとかがあると具合がいい。
WM6にはデフォルトで、Bubble Breakerというゲームが入っていて、これはこれでなかなか暇つぶしに使えるのだが、如何せんずっとやっていると飽きて来る。

そこでMicrosoftのサイトから、Brain Schoolという、今、流行の「頭の体操」チックなゲームのDEMO版をDLして来て、インストールしてみた。

https://www.microsoft.com/windowsmobile/domore/brain-school.mspx

ゲームの内容は単純な計算やパズルだが、これはこれでなかなか時間つぶしになる。

しかしこのDEMO版、あまりにも遊べるゲームが少なすぎる。
YEAR1の最も簡単なレベルの5つしか遊べない。

これではあまりにも出し惜しみだ。
試しにインストールしてみたものの、全てA+を取って速攻で削除したのは言うまでもない。


Microsoft Office Mobile 6.1 アップデート - X02HT [Winモバイルな日々]

Office2007のファイルが使用可能になるWM6Std向けのアップデーター、Microsoft Office Mobile 6.1がリリースされたので、早速、導入してみた。
このアップデーターを導入すると、同時にZIPファイルを扱うことも出来るようになるので、WM6Stdユーザーには必須に近いアップデーターと言える。

DL先は http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=4b106c1f-51e2-42f0-ba32-69bb7e9a3814
だが、FireFoxではDLしても失敗ばかりで、結局、IEでDLせざるを得なかった。
まぁ、その時にたまたま…だとは思うが、もし貴方もIE以外のブラウザでDLに手間取ったとしたら、IEを使った方が良いかも知れない。

DLしてしまえば、先は簡単。
ActiveSyncでX02HTと接続し、母艦のPC上で、アップデーターの実行ファイルを実行させるだけだ。
アップデーター実行前のOfficeフォルダ内のアイコンが↓の画像。

アップデーター適用後は、同フォルダのアイコンが次画像のように新しくなる。

Office2007ファイルが扱えるようになる利点はもちろんだが、ZIPファイルを扱えるようになる利点も大きい。
出来ればアップデートをしておいた方が良いと思う。


X02HT Fringインストール [Winモバイルな日々]

自分のブログ宛にFringのインストールが上手く行かないと言う、お問い合わせが幾つかありました。
インストールについては、自分も前の話なので、記憶があまり確かではありません。
そこで良い機会なので、再度、インストールし直してみることにしました。

まずはX02HT本体からFringを削除し、念の為、レジストリもチェック。痕跡が残らないようにします。

さて、Fringのサイト( http://www.fring.com/download/ )から、FringをDownloadする手続きを行いましょう。
Handsettypeはもちろん"htc"、本体は似てるってだけの根拠でCavalierにしといてみます。(あまり意味なし?)
ダウンロード元のURLは携帯電話本体宛にSMSで送られて来るので、国番号と携帯電話番号は間違わないようにします。メールアドレスは、PC用のフリメでも大丈夫。

しばらくすると、SMSが送られて来ます。

メール画面からURLのリンクを押すとブラウザを起動するとDLが始まり、DLが終了するとイントーラーが起動します。
インストール先を選んで、進んで下さい。
途中でBETAサービスであることや、その他ライセンス絡みの承認画面が表示されますので、納得出来たらOKを押しましょう。
インストールが終わるとFringは勝手に起動しますが、ここでHome画面をいじられてしまうので、Facade等でHomeをカスタマイズしている方は覚悟が必要です。

次は問題のアカウントセットアップです。ここではNewUserを選びます。

User-ID、Nickname、Passwordの入力画面が出ます。
ここでUser-IDを任意に入力しますが、特にフォーマットは決まっていないようです。
今回はアルファベット数文字+数桁の数字にしてみました。(記号の類が使えるかは不明です。また全角文字や半角カナは当然使用出来ないものと思われます。)
Nicknameは適当に、Passwordも任意のものを自分で設定します。
Registrationを押すと登録の手続きに進み、続けてネットワークにログインします。

Skypeユーザーは、利用するサービスでSkypeにチェックを入れると、SkypeのIDとパスワードを求められます。

デフォルトの状態では、Fringの画面に連絡先が全て表示されています。
気になる人や、連絡先を使わない人はセッティングメニューで、表示を隠してしまいます。

またautostartをさせない場合や、パケ死防止の為に3G/GPRSネットワークは殺しておきたい場合は、同様にセッティングメニューから設定して下さい。

最後に、SkypOutを使って通話テストをしてみましょう。

無事に通話が出来れば完了です。
そうそう、Home画面を元に戻して完了ですね^^;


X02HT ibisBrowserDX フォントサイズ [Winモバイルな日々]

以前にibisBrowserDXの試用について、フォントサイズに10ptがあるともっと良いと書きましたが、解決方法をでんぷんさんより以下のようなコメントを頂きました。

> ibisのフォントサイズですが、ibisをインストールしているフォルダにある
> system.iniってファイルのfont.size.listに10を追加すれば設定できますよ~

…ということで、早速、試してみました。
ibisBrowserDXをインストールしたフォルダ内のsystem.iniを編集して、フォントサイズに10を追加してみたのですが、これがまたいい感じになりました。
そのキャプチャ画像が↓です。上が12pt、下が10pt。

ホント、これでますますibisBrowserが手放せなくなりそうです。
コメントを頂いたでんぷんさん、ありがとうございました^^


X02HT ibisBrowserDX試用 [Winモバイルな日々]

自転車シーズンは終わったが、今週末はサイクルモードがある。
明日辺りから寒くなるとの予報だが、そろそろウインドブレークジャージがいるかな…。

…としかし、本日は自転車ネタではなく、X02HTネタ。
巷で「速い」と話題のibisBrowserDXを試してみた。
ibisBrowserは元は携帯電話向けのフルブラウザだが、X02HT向けにWM6で動作するものが出ている。

最初の感想は、いや、ホントに速いっっ^^
速いと言うのは、「読み込み」も「スクロール」もだ。
試しにこのブログを読んでみたが、マヂでノーストレス。
こりゃあ、ブラウザを多用する人には、欠かせないアプリになるだろう。
有料で月額315円、年額だと3000円かかるが、それくらいの価値はあると思う。
でも、3000円だったら、ライセンスを売って欲しいなぁ…。

最後に自分的に改善要望があるとすれば、設定画面で表示フォントサイズが指定出来るが、12ポイントの下がいきなり8ポイントなので、出来れば10ポイントがあればいいなぁ…と、まぁ、そんなところだ。

X02HT用なので動作も安定しているし、使ってみても損はないだろう。


X02HT de Opera Mini [Winモバイルな日々]

二日続けてのX02HTネタ。

ふと思い出して、Opera Miniブラウザを入れてみようとしたの…だが?

まずはOPERAのサイトに行って、HTC用のファイルをDLしようとしたが
HTCをクリックしても、DL可能なファイルが出て来ない???
おかしいな~、S620用のがあると、どこかで読んだのだけど…
もしかしたら、何やら「大人の事情」があるのかぁ?

仕方なく実際にDLしたのは、Genericのリンクを辿って…
 opera-mini-4.0.9749-advanced-jp.jad
 opera-mini-3.1.8295-basic-jp.jad
…の二つのファイル。

最初にopera-mini-advancedを試す。
しかしインストールは出来るものの、ブラウザ自体が起動しなかった。

次にopera-mini-basicの方、こちらは無事に起動出来た。

しかし、動作が不安定。
Webを表示させている途中で、アプリケーションが落ちてしまうことが、
たびたび起きた。

仕方なく、Opera Miniは諦めることにした。
Smart Phone用のブラウザは、なかなか満足出来るものがない。
まだしばらくは、DLしては削除の試行錯誤が続きそうだ…。


前の10件 | - Winモバイルな日々 ブログトップ
メッセージを送る