So-net無料ブログ作成
RUN・ライド・ポタ ブログトップ
前の10件 | -

筑波自転車道~筑波山クライムライド [RUN・ライド・ポタ]

しばらくこのBlogの代わりにTumblrを利用していたのだが…
「Tumblrだと簡単過ぎてあまり伝わらないんじゃない?」とのご指摘を受けた。

まぁ、自分でもそう感じていたところなので、再びBlogを復活させることにした。
Tumblrは写真をメインに続けて、ある程度文章の量が必要なものに関してはBlogに書くことにする。

…と云う訳で、Blog再開の第一弾は「筑波自転車道~筑波山クライムライド」にしてみよう。

コースはルートラボを参照して頂きたい。



実はこのコース、8月25日に一人で走ったのだが、筑波山から下るルートを間違えるは、はたまた熱中症にはなりかけるはで散々な目に遭ったルートだったりする。
そこで密かにリベンジRUNを考えていたところ、仲間からのお誘いもあり9月17日(月)に同じルートにてリベンジRUNを行うことになった。

20120917_MAP.png

暑さ寒さも彼岸までと云うように、まだまだ日中は暑さも湿度も真夏のそれだが、それでも前回よりは多少はマシだろう。
今回も霞ヶ浦総合公園を起点に、筑波自転車道(正式名称「桜川土浦自転車道」)を利用することにした。
ご一緒するのは@mzkppさん、@pryanktmさん、@momosuteさんと云うお馴染みメンバー。
しかし9月だと云うのに熱中症の心配をしなくてはいけない暑さ、曇りがちの天気だけが唯一の救いだけど、まぁ、ノンビリと行きましょう^^

土浦駅から自転車道に入る道がちょっと分かりにくいが、さすがに二回目なので迷うことはない。
自転車道に入れば筑波山クライムの起点「筑波休憩所」までは20km余り、追い風に背中を押されながら順調に走る。
でもねぇ、逆風になるであろう帰りのことを考えると、ちょっと、いや、かなり憂鬱になりますわ…

20120917_02.jpg

途中、にわか雨に降られるものの、順調に「筑波休憩所」に到着。
ここでしばらく休み、いよいよ筑波山へのリベンジクライムを開始する。

前回、一人で登った時にはFFWDのディープリム(11-23T)を履いていたこともあり、全く登れずに歯がゆい思いをしたが今回は栄村仕様のFinal Low 28Tを用意。
まぁ、肝心のエンジンが同じなのであまり変わりはないと思うが、それでも精神的に余裕がある分、多少は楽に登れるはずだ。

P9170071.jpg

心拍数が190オーバーにならないよう、焦らずに自分をコントロール。
しかしまぁ、トレーニング不足な感は否めない。
「つつじヶ丘」駐車場まで登るのに、結構、時間をかけてしまった。
やはりギアが云々とか、バイクがどうしたとかの前に、肝心なのはあくまでもエンジンである自分自身だと云うことを思い知った。

20120917_01.jpg

時間の頃合も良いので「つつじヶ丘」で昼食。
名所にありがちで値段は張るが、しかしまぁ意外に旨かったので良しとしよう。

1時間ほど昼休憩をしたところで、行程後半の走行を開始。
風返し峠で県道42号を下るルートに入ったのだが、いや、これが凄まじい道だこと…
下り勾配が厳しい上にスリップ防止で道全面に浅い溝が切ってあるので、自転車だと振動が激しく、ハンドルも安定せずに怖いことこの上ない。
こんな下りが1キロくらい続いただろうか、わずかに勾配が緩くなったところでようやく普通のアスファルト舗装の道路になる。
ここから先、フルーツラインに入るまで、下りを楽しむことが出来た。

P9170078.jpg

ところで…
ルートラボではほぼ平坦だと思っていたフルーツラインだが、その実は緩やかながらアップダウンが多く、地味に脚に来るいやらしい道だ。
少し緩めた方がいいかな?と後ろを伺うと、普通にピッタリと追走して来ている。
別にサイクリングなのでムキになる必要はないのだが、背後にピッタリと付かれると引き離したくなるのが、自転車乗りの悲しい性(笑)
気がつくと山を登っている時以上の心拍数(197bpm)でペダルを回していた。
まぁ、そんな強度での走行がいつまでも続く訳はなく^^;、いい加減ヘタレて来たところで、ちょうどいい商店をみつけたので休憩となった。

20120917_GRP.png

結局、この日の走行距離はおよそ104km、獲得標高は728m。
相変わらず筑波自転車道は単調過ぎるのが唯一の欠点だ。
筑波山のヒルクライムをメインに、幾つか一般道を混ぜたルートを組むことをお勧めする。

nice!(0)  コメント(0) 

横浜ケーキライド 【 お菓子のアトリエle sucre 】 [RUN・ライド・ポタ]

SuperSix EVOの納車以来、週末になると天気に恵まれない日が続いていた。
お陰でEVOの走行距離が延びないこと、延びないこと(´・ω・`)
そんな折も折、@mzkppさんより久しぶりに自転車のお誘いを頂いた。
Facebookでお友達になった方がオーナーをされている「ル・シュクル」というケーキ屋さんまで、美味しいケーキを頂きに行こうと云うものだ。
名付けて横浜ケーキライドゥ(←ディケイド風味で…)
@pryanktmさんも都合が付くというので、マグロライド以来久しぶりに三人で走ることとなった。

20120407MAP.png

往復しても60km強なので、集合は遅めの10時。
自分は少し早く9時に@mzkppさんのところにお邪魔して、チューブラーに「シーラント注入の儀」を執り行うことにした。
道具の準備不足で若干もたついたものの、何とか無事にシーラントの注入もOK!
精神的にも少し余裕ができた。

予定通りに@pryanktmさんも合流、10時少し過ぎに大森海岸を出発〜
気温は低めで風もあったが、やっぱり自転車は面白い!
「そうそう、これだよな〜」と思いつつ、時たまEVOをマヂ踏みしてみる。
ふむ…第一京浜なので、路面はあまり良いとは云えないが、それでも乗り心地は最高!
巡航速度からの踏み込みにも、間髪入れずに反応するクイック感はさすがだ。

さて…今日の目的地は「ル・シュクル」と云うお店。
お昼の混雑時にお邪魔するのもいかがなものかと云うことになり、まずは横浜ルートの定番、大さん橋を目指すことにした。
せっかくなので軽くお昼を済ませて行こうと云うことになり、これまた定番となりつつある、大さん橋近くの立ち食いそば屋で軽く(正確にはガッツリ^^;)お昼ゴハン。

20120407_01.jpg

さぁ、補給も終わったし行きますか…と云うところで、@mzkppさんがEVOをチラ見してニヤリ^^;
「せっかくのEVOだから、坂、登ってみよか?」
…分かりました「港の見える丘公園」でつね(´・ω・`)

20120407_02.jpg

さて、公園の見晴らし台からの展望を楽しんだ後は、さぁ「ル・シュクル」さんへLet's Go!
途中、GarminのドMコース設定で、心が折れるアップダウンを堪能させて頂いた(笑)

そんなこんなで若干の遠回りの末、14時くらいだっただろうか…
最終目的地「ル・シュクル」さんに無事に到着〜♪
とても美味しいケーキ(もちろん見た目も美味しそう!)と、温かいコーヒーをご馳走になりました^^
「ル・シュクル」さん、ありがとうございます。ご馳走さまでした^^

http://farm6.staticflickr.com/5345/6907339186_7f477665de_b.jpg
http://www.flickr.com/photos/21046994@N08/6907339186/

ケーキを頂くのとオーナーさんとのお話に夢中で、写真を撮るのを忘れてしまいました^^;
ここは@mzkppさんの写真にリンクさせて頂きますm(_ _)m

http://farm8.staticflickr.com/7090/7053433167_a2a3271d90_b.jpg
http://www.flickr.com/photos/21046994@N08/7053433167/

http://farm8.staticflickr.com/7205/6907342650_e22797b200_b.jpg
http://www.flickr.com/photos/21046994@N08/6907342650/

結局、この日の走行は約74kmほど…。
色々と課題も見えてきたが、それはまた別のお話しと云うことで…

20120407GRAP.png

なお「ル・シュクル」さんは京急本線「能見台」駅のすぐ近くです(神奈川県横浜市金沢区能見台東1-9)
お近くに行かれた際は、ぜひ!

nice!(0)  コメント(0) 

三崎にマグロでも食いにいかね?RUN [RUN・ライド・ポタ]

さて【 RUN & BIKEもてぎ 】の翌日。
心地よい疲労感を感じつつも、川崎で仕事をしていると…。
New BIKE キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! と@mzkppさんからの連絡♪
@mzkppさんの新車はTrek Madone 6.9 SSL Spartacus+Dura ace Di2+Bora Ultara2と云う、天和・四暗刻・字一色トリプル役満的なロードバイク…いや、ロードウェポン^^;

こんなバイクを好き勝手に満足するまで弄れる(をいをい^^;)チャンスを逃すほど、バカぢゃありませんよ(笑)
尾っぽを振りながら、仕事終わりを待って@mzkppさんのところまで移動。
一目見るなり、こりゃいいBIKEだわ…と直感した。
いいBIKE、しかも新車となれば、そりゃあ走りたくなるよねぇ…うんうん。

IMG_2445.jpg

…と云う訳で、急遽決まりました。
名付けて「三崎にマグロでも食いにいかね?」RUN(後に「マグロライド」と改称^^;)
Googleマップによると往復で距離はおよそ140km、開催は次のお休み、祝日の11月3日とした。
早速、Facebookで告知をしたところ@pryanktmさんの参加も決まり、後は週間天気予報通りに雨が降らないことを祈るだけ^^
まぁ、日頃から「行い」がいいからねぇ、ボク(笑)

IMG_2446.jpg

実は今回、@mzkppさんのMadone6.5をお借りする案もあったのだが、サイズ的に厳しいんぢゃね?との連絡があり、せっかく「対もてぎ」にメンテしたこともあるのでScottちゃんに再び登場頂いた。
ただし140kmの距離があるので、シートだけは通勤用のGel C2に交換しておく(←実はこれが大正解だったとは…)

大森→三崎までのルートは、横須賀を過ぎるくらいまでとても信号が多い。
時間には余裕を見て、今回はAM8時に出発することを目安とした。
時間通りに@pryanktmさんも集合、朝夕は少し冷えるかな?とウェアに迷ったが、レッグ&アームウォーマーで乗り切ることにし予定時刻通りに出発〜っ!

IMG_2448.jpg

走りだしてすぐに気がついたのは、@mzkppさんのポジション。
前よりも安定感を増しているのが分かる。
前のMadone6.5に比べ、フレームサイズをジャストにしただけ、僅か数センチの差だと思うのだが、ここまで印象が変わるとは…。
やはりロードバイクは面白い。

ルート的には、まぁ、ポピュラーなものだと思うので省略するが、一言だけ!
バス・トラック・トレーラーの大型車は、もう少し間を開けて抜いて頂くとありがたい。
間近を追い抜かれて、非常に怖い思いを何度か、した。
私たちは交通ルールもマナーも守って走っている。

IMG_2450.jpg

さて、ほぼ予定通り、お昼前に三崎へ到着。
三崎でマグロと云えば、有名なのは「くろば亭」。
何度か食べたことがあり、美味しかったので、今回も行ってみたのだが…
休日と云うこともあり、11時半で9組待ちの激混み状態^^;
すぐ隣のお店は空いていたようだが、ここはやはり初志貫徹!

マグロライドの名前通りに「マグロの山かけ丼」を頂いた。
若干、味と量が落ちた気がしないでもないが、それでもやはり美味いですわん^^

お腹が満たされたところで、城ヶ島へと渡る。
公園で一休みした後、折り返して大森への復路走行の開始。
途中、軽く休憩を入れながら、走り終わってみれば予定通りの140kmライドとなった。
@pryanktmさんは人生始めての100km越えどころか、下手するとセンチュリーライドになりかねない距離だったが、常に安定した走りで無事にゴール!
全員、トラブルもなしに、いいサイクリングだった^^

IMG_2454.jpg

しかし今回、意外だったのはGel C2のセラ・イタリア。
140km走った後でも、お尻が何ともない…
ノーマルクランクも自分に合っているのか、後100km走れと云われても十分に走れそうな気がした。
(あくまでも「気がした」だけだかんねっっ)

あ〜あ、@pryanktmさんではないけど、そろそろ新しいホイールが欲しいなぁ…
@mzkppさんのBoraを見ていたら、シマノボディの軽いホイールが欲しくなって来た(キシリウムSLはカンパボディ)
かくして物欲の日々は永遠に続く…なのだろうなぁ^^;

map.jpg

misakiGRP.png

nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりの荒川CR [RUN・ライド・ポタ]

組み上がった Speedster S20 もてぎ仕様のシェイクダウンとして、久しぶりに荒川CRを走って来た。
@harusukejpさんと舎人ライナー足立小台駅に集合、その後、河口の葛西臨海公園を目指すコースだ。
当初は15日土曜日に走る予定だったのだが、悪天候により16日に順延となった。

IMG02.jpg

ちょうど荒川CRで開催されていた市民マラソン大会と重なり、走りなれた右岸側ではなく、左岸側を走ることにした、いやもう、向かい風が強いのなんの…上流に向かうバイクの風切り音が違う^^;
こっちは心拍上げて廻しているのに、思うように前に進みやしない(T_T)

しかしまぁ、今日の主な目的は S20 の調子を確認することなので、変速の具合などを確かめつつ、のんびりと走ることにした。

昼は葛西臨海公園駅のコンビニで買い、食べながらの自転車談議^^
帰りは良い感じの追い風に乗りながら、ざっと80kmほどの走行を終えた。

MAP01.jpg

Speedster S20 もてぎ仕様は無問題。
出来ればもう少し軽いホイールが望ましいが、贅沢は云っていられないし、今からではどのみち間に合わないだろう。
本番にはこのままで臨むつもりである。

nice!(1)  コメント(0) 

二度目の館山RUN [RUN・ライド・ポタ]

2009年11月…強風の中、ひたすら走った記憶が残っている館山RUN…。
およそ2年ぶりにその館山を走って来た。

その今回のメンバーは…
前回の館山RUNでは膝痛で我慢の走行を強いられ、リベンジに燃えるゆっきぃさん。
そして、ゆっきぃさんのお友達でMTBライダーのNさん。
実のところNさんは最近ロードバイクを購入されたばかりで、今回はその新車でご一緒頂いた。

集合は前回同様に道の駅「きょなん」…だが風の具合と、幾つかある狭い隧道を走行しなければいけないことを考慮し、急遽、道の駅「とみうら」をスタート地点とすることにした。
今回のルート設定は自分だが、当初はこの「とみうら」を起点の走行距離70kmで組み立てていたので、予定通りと云えば予定通りだ。

PIC1.png

南房総の海沿いは基本的に平坦基調なので、色々と小細工して丘越えのルートを選んだつもりだったが、獲得標高は300mにも満たなかった(苦笑)
まぁ、実際には地味にアゲている風が丘越え代わりだったが…^^;

GRP.png

ルートは館山を中心に房総半島の先の方をまるっ!と一周する感じである。

MAP.png

ゆっきぃさんは毎日のようにローラー練を欠かさないし、Nさんも初ロードとは云えMTBでは乗り込んでおられるようなので、道の駅「ちくら・潮風王国」まで30kmあまりを一気に走ってしまった^^;

PIC2.png

あまりに早く着いてしまったので、しばらく潮風王国でまったりと自転車談議。
風も思ったほどではなく、空も薄曇りで自転車を走らせるにはなかなかのコンディションである。

PIC3.png

潮風王国を出ると、海岸沿いを走る「房総フラワーライン」を堪能しながら、お昼ごはんを食べる場所を探す。
ふと南房パラダイスが目に入ったところで「この先はあまり食べるとこなかったよね〜?」な話になり、「そう云えばそうだねぇ」と云うことで、そのまま南房パラダイスでお昼を頂くことになった。

PIC4.png

海の近くらしくマグロ丼などを頂いた後、海を左手に見ながら再びフラワーラインを走り出す。
しばらくすると州ノ崎灯台が見えて来たので、前回同様に寄り道して、灯台と景色を堪能させて頂いた。

PIC6.png

州ノ崎灯台からは少しペースを落として景色を楽しむように走るが、それでも起点の道の駅「とみうら」には午後3時前に無事ゴォ〜ル!
途中、道を間違えたこともあり走行距離は約76km…ふむ、6kmほどルートを間違えたようだ^^;

PIC5.png

帰るには時間も早いし、またサイクリング後のお約束でしょ!と云うことで、三人で温泉に入り、ついでに晩ゴハンまで…
南房総・館山を十分に堪能した一日となった。

PIC7.png

ロードバイクで海辺を走り、語り、笑い、遊んで食べて…。
なんと充実した休日ではないだろうか^^
そんな一日を過ごさせてくれた、ゆっきぃさん、Nさんには感謝の言葉もないほどである。
…と云う訳で!
是非また次も、よろしくお願いしますね^^

nice!(0)  コメント(2) 

三週連続坂登り / その2「奥秩父【三峯】ヒルクライム」 [RUN・ライド・ポタ]

8月…自分がエントリーしている自転車イベントは7日の「グルっとまるごと栄村110km(今回は特別オリエンテーリング版で当Blogにてご報告済)」、そして21日の望郷ラインセンチュリーライドの二つ。
いずれも山岳ライド系なイベントである。

この二つのイベント間には何もない週があり、その週は自分もお盆休み…
「さてさて、どこ走りに行きますかねぇ」などと考えていたところ、ゆっきぃさんより「15日に三峯ヒルクライムどうよ?」とのお誘いがかかった。
もちろん、尾っぽを振ってお誘いに乗っかったのは云うまでもなく、これで三週連続の坂登りとなった^^;

基本になるルートは、大滝温泉から三峯神社までの定番コース。
ただ登って下りるだけだと30kmほどなので、これに秩父湖沿いに走り滝沢ダム経由で戻るオプションを付け加えた。
メンバーはゆっきぃさんに加え、自分と同じにお盆休み中のmomosute氏を誘い出す。

8月15日はお盆の真っ只中ということもあり、大滝温泉集合はゆっくり目の午前9時。
自転車の準備や、着替え等なんやかやで走り出したのは午前10時ちょい前くらいになった。

IMG_2191.png

久しぶりの奥秩父だが、この時期さすがに交通量が多い。
秩父往還のトンネルを抜けると、いよいよ本格的なヒルクライムの始まり。
三人とも各自のペース配分で登って行く。

IMG_2193.png

自分はと云えば、来週の望郷ラインに備えての最終調整として、緩急をつけて登ってみることにする。
まぁ、momosute氏には軽くちぎられてしまったが^^;

IMG_2194.png

そして三峯神社では、これまた定番になりつつあるお店で昼食。
もちろん神社への参拝を済ませ、天気の崩れないうちに先へと急ぐことにした。

IMG_2203.png

あれほど苦しんだ登りがウソのようにダウンヒルは快適…、アッと云う間に秩父湖まで下って来る。
秩父往還トンネル手前で駐車場側へと左折、そのまま湖沿いの道路を走り、国道140号(彩甲斐街道)に合流したところで滝沢ダムへと向かう。

しかしまぁ、この140号のトンネルを自転車で走るのは、毎度のことながら怖い。
特に合流してすぐのトンネル(全長2,200m)は反響がすごく、その音が対向車のものなのか、背後の車からなのか判別が出来ないので、絶えず後ろが気になってしまう。
加えて路面は湧き水で濡れており、舗装もスリッピーなので、走っていて「怖い」別な意味での難所と云える。

IMG_2204.png

さて…滝沢ダムまで国道140号を緩やかに登ってしまえば、これより先、大滝温泉まではお待ちかねの下りである。
7キロあまりのロングダウンヒルを満喫し、そのままゴールとなった。
もちろん大滝温泉で、ぐっしょりとかいた汗をキレイに洗い流してスッキリ!
これがあるから、三峯ヒルクライムはやめられないのである^^

MAP01.png

GRP01.png

Garminのデータでは走行距離は44km、獲得標高は約840mほど。
さて来週は、三週連続坂登りのフィナーレを飾る「望郷センチュリーライド」初参戦でございます^^;
乞うご期待!

nice!(0)  コメント(0) 

伊東温泉から自宅まで自走してみた [RUN・ライド・ポタ]

7月8日から9日と、会社の研修旅行で伊東温泉まで出かけた。
興味本位で伊東から自宅までの距離をGoogle Mapで調べたところ、およそ160km。
十分に自転車で帰ってこれる距離だなぁ…と云うことで、往きは同僚の車で自転車を運んでもらい、復路で自宅まで自走してみた。

MAP.png

7月9日。
自分は世話役と云うこともあり、全社員がホテルをチェックアウトする午前10時まで待って、それから自転車の準備を始める。
前日は日付が変わるまでお酒を飲んでいたこともあり、体調的にはひどく悪い。
加えて、朝から雲一つない弩ピ~カンな天気。

これまでの経験からしても、気温と日照りでハードな走行になるなぁ…と頭上の青空とは裏腹に、ちょっと沈んだ気分でホテルをスタートした。
ルートは小田原まではR135、しばらくは海沿いの道だが、微妙にアップダウンの繰り返しなので、景色を楽しむ余裕は「ほとんど」ない^^;
因みにR135は道は広くはないが、交通量が少ないのでそれほど怖い思いはしなかった。
途中、トンネルも幾つかあるが、注意すべきは宇佐美にある二つのトンネルくらいで、他はそれほどの問題はないだろう。

IMG_2004.JPG

とにかく、体力に余裕のある前半で距離を稼いでおきたいので、休憩は極力摂らないように走る。
摂ったとしても、自販機で水を補給する際の数分くらい。
お陰で順調に熱海、湯河原と通過していく。

小田原を過ぎると道は平坦基調になるが、ほぼ同時くらいに地味にアゲている風が気になりだす。
それでも30km巡航が出来ないほどではない。
西湘バイパスの終点(起点)付近から、R1を外れR134に入る。
この辺りで休日のサイクリングを楽しんでいたゆっきぃさんより、横浜辺りで合流しようと云う連絡が入る。
もちろん大歓迎で、取りあえずの目的地を横浜に定める。

IMG_2008.JPG

だがしかし!
本当は辻堂海岸辺りで湘南新道に入る予定だったのだが、ちょっとした不注意で分岐をスルー…orz
どうにも千葉県民には、この辺りは鬼門である^^;

結局、江ノ島までR134を走ってしまった。
その江ノ島で初めての長めの休憩。
暑さでかなり体力が削られているのが分かる。

自販機のジュースで糖分を補給しつつ、iPhoneで横浜までの最短コースを探す。
大船駅を経由する、よさげな道がありそうだ。
ルートを外れないように分岐の都度、iPhoneを取り出して確認するので意外に時間を喰ってしまう。

やがて県道21号からR16に入り、賑やかな関内を右手に見ながら、ゆっきぃさんとのランデブーポイントである大桟橋を目指す。
そして無事に合流。
暑さと疲労で胃が弱っていたが朝食から今まで水分以外は摂っていないこともあり、一先ず何か食べようと云うことで大桟橋の近くの店に入る。
実のところ、これが今日初めての座っての休憩である。

IMG_2011.JPG

Garminを見ると、伊東温泉からこの大桟橋まで約100km。
平均時速はおよそ25km/hくらいだが、一般道は信号でのストップ・アンド・ゴーが多くなるので、まぁ、こんなモンだろう。
これから都内に入ると、もっと平均時速は落ちて行くはずだ。

ビッグサイズのホットドッグをゆっきぃさんにご馳走になり(ゴチになりましたっ!)、小一時間ほど休んで大桟橋を出発。
先頭をゆっきぃさんが曳いてくれるので、道に迷わないわ、体力的にも楽チンだわでとても助かる。
順調に大森まで走ることが出来た。

ここまで来れば、残りはあと40kmほど。
お尻の痛さと疲労も日焼けの痛みもピークだが、ここから先は道に迷う心配はない^^;
地元が近づくほどに気が緩み、最後はほぼポタリングペースに落ち込みながらも、無事に自宅までの自走を終えた。

IMG_2016.JPG

走行距離は自宅の最寄りの駅までで、およそ160.6km…
いやぁ、ホントにセンチュリーライドな距離だったのね^^;

もちろん、その夜は爆睡したのだが、日焼けで脚がつっぱる痛みで、日曜の午前中をヒィヒィ云いながら過ごしたのは、まぁ、ご愛嬌である^^;

Graph.png

nice!(0)  コメント(0) 

江戸川CRポタ(自宅⇔関宿) [RUN・ライド・ポタ]

これまた久しぶりの本業(?)でのBlog更新。

強風に悩まされながらも、自宅から江戸川CR経由で関宿まで行って来た。
メンバーはいつものmomosute氏とT田の兄ィ。
この二人とは野田橋で10時半を目安に合流する予定で出かけた。

バイクは西湖以来のBMC。
しばらくPinarelloかSCOTTだったので、久しぶりに跨ると硬さを実感する。
コンフォートなPinarelloはもちろん、カーボンバックのアルミに比べてもメチャ硬い。
まぁ、すぐに思い出して慣れたケド^^;

自宅を午前9時半に出発。
往路は道に迷いたくないので、いつもの通勤ルート…つまり国道6号から江戸川CRに入るルートを選んだ。

スクリーンショット(2011-04-30 20.17.15).png

自分的にはCRに入るまで30分、松戸から合流場所の野田橋まで30分と勝手に予測していた。
目論見通りに午前10時頃に江戸川CRに乗り入れる。
追い風の中、鼻歌交じりでラクラク巡航。
予定時刻ピッタリで野田橋到着、楽勝〜っっ
…と思っていたら、ありゃ?誰もいない…

慌ててiPhoneで確認すると、自分が勝手に野田橋だと思い込んでいた地点が、まだ三郷であることを発見する^^;
「ぎゃ〜っっ!」
少し遅れる旨を呟いて、慌ててBMCをひたすら上流に向かって走らせる。

幸い、人も少ないのでスピードアップ。
約束の時間に遅れること20分で野田橋に到着した。
もちろん合流予定のお二人はすでに待機状態…面目ありまっしぇん(´・ω・`)

10分ほど休んだ後、すぐに出発。
走るのは江戸川CRの右岸側の道だ。(上流から下流を見て右側)

いや、それにしてもさっきから走っているのに、風を全く感じない。
かなりの追い風状態だ。
気がつくと対向から来るローディは、ほぼ全員が下ハン握って、顔を紅潮させて走っている。
こ、こりゃあ…帰りが思いやられる^^;

しばらく走ったところで、国土交通省「首都圏外郭放水路」龍Q館なる施設を発見。
ここで休憩を摂ることにした。

IMG_1921M.jpg

早い話この施設は、大雨により増水した近隣河川の水を十数キロに渡る地下水路(これも一級河川として登録されているとのこと)を通して、江戸川に排水するところである。
龍Q館はその紹介施設であり、中に入ると丁寧に仕組みや治水の重要性を説明してくれる。
火曜日〜金曜日までの平日だと、地下神殿のような調整池(東京ドーム分の広さがあるとか)を見学することも出来るようだ(要予約)。

実はこんな施設が意外に好きな訳だけど、取りあえず目的地に行って昼ゴハンにしようと云うことで、後ろ髪を引かれる思いでバイクに跨った。

IMG_1920M.jpg

関宿までは本当に追い風の恩恵を受けながら順調に走行。
関宿城の下にある茶屋でお昼ゴハンを頂いた。

さて、いよいよ恐怖の帰り道^^;
先頭を曳く栄光をmomosute氏に譲って(!)、付き位置で走らせてもらった。
いやぁ、風を切る音がビュウビュウ聞こえるが、ホント、人の後ろって楽だわぁ^^;

IMG_1922M.jpg

帰りも龍Q館で一休み、悪いので野田橋までは自分が前を曳くことにした。
しかし実際に曳いてみるとビックリするほど前に進まない。
心拍計の数字を見ると、付き位置で走っている時よりも、15〜20は心拍数が上がっている。
こりゃあ、キツイわ…ね。

それでもなんとかペースを落とさないように、意地で野田橋まで到着。
さすがにヘタレ込みましたとさ(笑)
momosute氏とT田の兄ぃとは、ここで解散となった。

後はひたすら一人で走る訳だが、とにかくますます向かい風が強くなって来る。
松戸まで下って大回りする気なんてとうになくなったので、帰りは三郷から自宅まで最短ルートを走らせてもらった。
これでおよそ10kmは距離を短縮出来る。

そんな訳で…

【本日の走行距離】
約102km
【本日浴びた放射線量】
約0.4μSv(予測値)

…と云うことになった。

確かに向かい風はキツかったが、やはり自転車は面白い。
G.W中にあと一度くらいは走れるといいのだけど…。

nice!(0)  コメント(0) 

静内から自転車で自宅まで帰ってみる/南相馬→自宅 [RUN・ライド・ポタ]

2010年9月19日(日)

ZEN05.png

この日は南相馬から日立までを走る。
主に国道6号線をひたすら南下するコースだ。

037.JPG

天気は良く晴れているが、いわきまではほぼ海岸線沿いに走るので風が強い。
しかも向かい風なので、思うように速度が上がらない。
おまけに日曜日だと云うのに大型のトラックやら、土砂を運ぶダンプカーが多く、すぐ脇を平気で追い抜いていく。
まぁでも、それもゴールが近づいた証拠だと思えば、仕方がないことか…^^;

038.JPG

いわきの手前で国道6号線はいわき市街地へ向うルートと、バイパスとに大きく分かれる。
市街地を抜けるルートは大回りになってしまうので、ここではパイパスを走ることにする。
バイパスは自転車は走れないが、幸い、自転車通行可の歩道が敷設されているので、そこを走ったのだが…
雑草が生い茂っていて、とてもじゃないがマトモに走れる状態ではない!

MAP_05_SUB1.png

自転車で「藪漕ぎ」しながら走れ(実際に藪漕ぎしながら走ったが^^;)とでも云いたいかのように、本当に荒れ放題でまるで手入れがされていない。
国道の管轄省庁が国土交通省だか、地方整備局だかは知らないが、もう少し歩道の方もしっかり整備して頂きたい。
(歩道はまた違うお役所が管理してるんです…とか云わねぇだろうなぁヽ(`Д´)ノ)

039.JPG

そんな訳でガックリしながら日立に到着。
出張で良くお世話になっている東横インに泊まったが、このホテルが妙に落ち着く体質になってしまった^^;

本日の走行ルート

MAP_05.png

微妙なアップダウン^^;

MAP_05G.png


本日の走行:約134km
総走行距離:約700km


2010年9月20日(月)

ZEN06.png

この日はチェックアウトギリギリまでノンビリしていようと思ったのだが、天気予報では午前10時頃から雨の予報。
慌てて支度をして午前8時半頃にホテルを出た。
しかしまぁ、日立の街は無駄にアップダウンが多くて参る(>_<)

走りだしてすぐに雨が降り始め、予報通りに9時半過ぎには雨足が強くなった。
それでも南下を続けるうちに雨が止み始めたので、ホテルを早く出たのは正解だったようだ。

日立から自宅のある鎌ヶ谷までは特筆するべきことは殆どない。
ひたすら国道6号線を車に気を付けつつ走るだけだ。
ただ土浦市街は例によってバイパスが通れないので、県道64号線に迂回する。

MAP_06_SUB1.png

自宅には午後1時半頃に到着。
初日の小本から釜石までの輪行が悔やまれるが、何とか走り切りましたよ。
まずは素人整備なのに、何のトラブルもなく800km以上を走行してくれた愛車F3:13に感謝。
シマノのコンポーネントも雨に濡れたり泥を噛んだりで汚れまくったが、最後まで信頼性は抜群!
流石っ^^


本日の走行ルート

MAP_06.png

後半はほぼ平坦路。

MAP_06G.png


本日の走行:約120km
総走行距離:約820km

タグ:国道6号
nice!(0)  コメント(1) 

静内から自転車で自宅まで帰ってみる/石巻→南相馬 [RUN・ライド・ポタ]

2010年9月18日(土)

ZEN04.png

身体的には疲れていてもおかしくないと思うのだが、いつも通り午前6時頃にサクッと目が覚めた。
昨夜の雨がウソのように、晴れている。
今日の走行ルートは途中、松島や仙台空港など見所を通ることを考慮して、南相馬まで(120kmほど)と軽めに設定。
時々は県道を走るコースだが、今日も相変わらず国道45号線がメインとなる。

029.JPG

松島までは例によって軽いアップダウンが続く、加えて土曜日と云うこともあり、交通量も多いのであまり不抜けた走りは出来ない。
ただ風が若干だが追い風気味なので、脚的には随分と助かった。

030.JPG

走りだして1時間チョイで松島に到着~。
6、7年前に仕事絡みで来て以来だが、うん、まぁ、変わっていない(当たり前^^;)
土曜日と云うこともあり人も多く、どうもこの手の観光地然としたところは苦手。
観光客を避けるように、国道沿いの松島海浜公園へと移動する。
ベンチに座りコーラを飲みつつ一休みだ^^;

031.JPG

喉が潤ったところで松島を出発、次なる目的地である塩竃を目指すが、距離はそう離れていないのでポタリングペースにダウン。
この辺りになると平坦区間が徐々に増えて来るので、マヂにポタリング風味だ。
塩竃、多賀城と抜けると、国道45号線とはここでお別れ。
県道10号線を走り次なる目標地点は仙台飛行場を経由して、いよいよ国道6号線と合流のハズなのだ…が…
ここでiPhoneのマップ検索の思わぬ落とし穴にズッポリ嵌ろうとは…^^;

前にも書いた通り、今回の走行ルートはiPhoneのマップアプリを使い、【徒歩】でルート検索を行っている。
【徒歩】である以上、自転車(しかもロード)では通れないような道も通るようにルートを組み立ててしまう。
ここに来て、その傾向が顕著になって来た。

まずは田んぼの真ン中を通るあぜ道を通れと云う^^;
…これは平行している舗装路に逃げることで回避した。

次は川沿いの道↓、しかしこれはどう見ても歩くのさえ無理!

033.PNG

自転車を降りて途中まで藪コギをしてみたが、完全に道が途切れて、大きく迂回を余儀なくされた。
この川沿い↓を歩けと云うのは、どう考えてもムリっしょ(笑)

032.JPG

極めつけは仙台空港の施設内を進めの指示。
いやいや、それは絶対にアカンて^^;
(地図は↓の通りだが…)

034.PNG

(この先は入っちゃダメよん↓)

035.JPG

…んな感じでマップアプリに振り回されつつも、仙台空港脇を通過。

036.JPG

無事に国道6号線に合流。
来ましたよ~!国道6号と云えば通勤で走っている道だ…つ~か、6号線ってこんなとこまで続いてたのね^^;
などと感心しつつも、今日のホテルはこの国道6号線沿い。
雨に降られることもなく、無事に到着した。

本日の走行ルート

MAP_04.png

ちなみに高低差グラフは、初っぱなの標高が海面下で測位されてしまったので省略されて頂くが、この日の獲得標高は122mとなっていた。(正しいかは分かりませ~ん^^;)


南相馬→日立編へと続く…


本日の走行:約125km
総走行距離:約566km

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - RUN・ライド・ポタ ブログトップ
メッセージを送る