So-net無料ブログ作成
検索選択
BMC SLX-01 ブログトップ
前の10件 | -

レース前のメンテナンス [BMC SLX-01]

明後日は今年最後のレース。
当然、レーシングスピードで走るので、メンテナンスは重要。
少し家の周りを走ってみたが、やっぱりカッチリとした乗り味はBMCらしくて好きだわぁ

メンテついでに洗車して、最後にボトルケージを獄長で買ったカーボン製に交換。

IMG_1654_S.jpg

これ、日本円で2,000円くらいだったんだけど、丁寧に袋に入ってて妙にコスパがいい(笑)
つ〜訳で、最後にケージを取り付けて調整終了。
車にも載せて、明日は西湖にGO!だな^^

IMG_1655_S.jpg

後は雨だけ降りませんように…

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

FSA Ceramic Bearing Jockey Wheel [BMC SLX-01]

SLX01のリアディレイラープーリーを交換してみた。
FSAのセラミックベアリングで、まぁ、それほど高価なモンじゃない。

Wiggleで細かいものをまとめて買った時に、ついでに注文していたものだが、商品画像では色は赤だったハズなのに、届いたものを開けてみたら何と青ぢゃん…。
(後で判明したのだが、もともとシマノ用が赤でカンパ用は青らしい^^;)

R0010683.jpg

交換作業自体は10分もかからずに終了。
問題は変速性能がどうか…だ。
シマノのプーリーは変速の為に少し横に動くようになっていると聞くが、どうやらカンパも同じらしい^^;
(その辺の大人の事情は知らんw)
従ってリアディレイラーのプーリーを交換した際には、調整をかなりキッチリしないと本末転倒なことになってしまうとか…。

そんな訳で気合を入れて、調整にはジックリと時間をかけてみた。
結果…うん、まぁ、どこか変わったのかよ~分からん^^;
チェーンの回り具合は良くなったような気もするし、変速の感じも変わらない感じがするw
まぁ、もともとが誤差みたいなモンだから、仕方がないだろうなぁ

そんな訳で、体感よりも精神的な面に投資をしたと思えば良いだろう。
気分と云うものは、それほど大切なのだw

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

BMC SLX-01 Cobraバーテープ [BMC SLX-01]

今までのバーテープが随分と日に焼けて色褪せて来た。
まぁ、随分と距離を乗ったからなぁ…無理もない。

bar1jpg.jpg

結構汚れてもいるようだし、新しいバーテープに交換してみた。
その名もCobra…パッケージがそのものズバリな感じw

bar3jpg.jpg

テープだけを見た感じでは「どうかなぁ?」な的だったのだけど、実際に巻いてみたらこんなんになったw

bar2jpg.jpg

あまりBMCのイメージではないね(苦笑)
この手のはアメリカンバイクに似合いそうな気がするw
でも握り心地が良かったんで、しばらくはこれで行く。

さて…次の土日はサイクルモードだが、どちらか天気の良い日に走りに行く予定。
どこ行くかな…。

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:スポーツ

SLX01洗車 [BMC SLX-01]

もてぎエンデューロ、TDJ西湖そして先週の南房RUNと、ここのところ走ることばかりが続いていた。
しかも先週は強風の中、海の近くを走ったので、駆動系は砂まみれだ。
悪条件で走った後には、あまり間を開けないで洗車するべきだと佐渡LRで学んだので、天気もいいことだし教訓を実践することにした。

IMG_0524.jpg

洗車自体はいつものフィルタークリーナーにカーシャンプーのコースだが、一通り終えてもリヤディレイラーのプーリーからジャリジャリと音がする。
かなり砂を噛んでいるようだ。
面倒なので、パーツクリーナーで直接プーリーを洗うことにした。
ペダルを廻してみて、砂を噛む音が消えるまでクリーナーで洗うが、意外と手間がかかった。
仕上げはいつものワックス。あ~、疲れた。

洗車を終えて、しばしバイクを眺める。
そうだなぁ、そろそろバーテープを交換しないといけないな。
それとリヤディレイラーのプーリーをセラミックベアリングタイプの物にしてと…などと考えていたら、エアメールの配達が…
この間、衝動買いしたエウスカウテルのジャージだ。

IMG_0526.jpg

う~ん、あまり色のバランスは良くないなぁ(苦笑)
でも安かったし、ま、いっか^^

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

BMC SLX01 破損部リペアその後 [BMC SLX-01]

ケーブル引き込み口を破損して何とか自分でリペアした部分だが、先週の西湖、そして昨日の鎌倉と走ってみたところ問題がないことが分かった。
フロントの変速フィーリングも変わらないし、動作もしっかりしている。
後はいつまでリペアした部分が「もつ」か…だが、これはまぁ、神のみぞ知ると云うことで…^^;

R0010520.JPG

ついでに昨日走ったこともあるので、洗車とまではいかないまでも、クリーナー&ワックスで掃除してみた。
今回はフレームの下回りを中心に見てみたが、こうしてひっくり返すと、普通に洗っているだけでは汚れが落ちていない部分があることが分かる。
特にブレーキアーチの内側は、洗えているようで十分に洗えていないところもあった。
毎回ここまでする必要はないと思うが、2~3回に一度くらいは日頃、目の行き届かない場所をキレイにしてやることも愛車のコンディションを維持する上で必要である。

R0010517.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

BMC SLX01のフレーム破損、直してみた [BMC SLX-01]

ケーブル引込口を破損してしまったBMC SLX01だが、一縷の望みを託して、国内販売の代理店フタバ商店に破損箇所の画像と共に「どうにかする方法ある?」と問い合わせていた。
返事が来ないなぁ…送ったメールがスパムにでも廻ってしまったかしら?と諦めかけていたら、担当の方から丁寧な返事を頂いた。

どうやらユーロバイクでBMCに直接画像を見せて、どうにかなるかを尋ねてくれたらしい。
つまりBMCからの公式な回答…と云うことになるのだろうけど、当然の如く「修理不能」の宣告…(つД`)うわ~ん

しかしまぁ、逆に考えればBMCから「ど~にもならん」と云うお墨付きをもらったことになるので、後は自分の責任に於いて好き勝手に弄ぶことが出来るようなった^^;
…んな訳で…

善(?)は急げと云うことでリペアしてみた。
修理に精一杯で作業過程を写真に撮る余裕がなかったので、画像が添付出来ないのが残念だが、一応、作業は↓な感じに進めた。

 1)欠けた部分を対衝撃性の接着剤で貼り付ける
 2)引込口の外縁沿いに細くテープ状にカットしたグラスファイバーシートを貼る
 3)貼付けたファイバーシートの上にレヂンを薄く塗る
 4)耐水ペーパーでレヂンの表面を仕上げる
 5)引込口内側の欠損部分にも小さくカットしたグラスファイバーシートを貼る
 6)黒のカラーペンで色を塗る
 7)色を塗った部分を仕上げ剤で仕上げる

…と云う訳で、ちょっと見た目は悪いが、出来上がりが↓な感じ^^;

R0010368.jpg

ついでにケーブル自体も引込口に、なるべく力がかからないように取り廻してみた。
ハンドルを90度真横に切るような真似をしなければ大丈夫…な「気がする」^^;
これで再び欠けるようであれば、それこそチューブの中を通すことを諦めるか、引込口にテンションがかからない電動DURAにでもするしかない^^;

どうか再発しませんよ~に!(神頼みっ)

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:スポーツ

フロント変速不良の原因 - BMC SLX01 [BMC SLX-01]

先日、フロントギアの変速不良でショップに行ったことを書いたが、今日、改めて時間をかけて診てみた。
原因はコレ↓

R0010353.JPG

SLX01はケーブルがフレーム内を通る設計になっているが、フロントディレイラーに繋がるケーブルを通す入口部が欠けてしまっているのだ。

R0010354.JPG

つまりケーブルのストッパー部が欠けてしまったので、ケーブル自体が中に食い込み、その入り込んだ分だけケーブルが緩んでしまった…ということ。
これではフロントディレイラーの引っ張り量が足りなくなってしまう。
いくら動かしても、まともに変速しないはずだ。

持ち込んだショップの店長曰く「原因は恐らく輪行」と云う診立て。
佐渡に行った時か、先日の秩父か…もしかしたらその両方かも知れない。

店長には「カーボンは(輪行袋なんかで)輪行しちゃダメだよ」と真顔で言われた。
どんなに気をつけていても、必ずどこかにぶつかるものだし、カーボンフレームはこの手の外部からの衝撃には意外とモロいものなのだそうだ。

BMC SLX01はロードバイクだが、それ以前に競技で使用する機材、つまりはレーサーだ。
そのレーサーを輪行袋で気軽に運搬する行為が、根本的に間違っているのだと云う。
レーサーを持ち運ばなくてはならない時には、輪行袋ではなく、それなりの輪行バッグやトランク、ハードケースを使うのが基本中の基本ということだろう。

自分は輪行用にちゃんとクッションが入っている輪行バッグも、シーコンの輪行ケースも両方持っていたのに、「まぁ、大丈夫だろう」と輪行袋を使った結果がこれである。
輪行袋を使いたいなら通勤に使っているSCOTTにすれば良かったのだし、BMCに乗るならば輪行バッグを使うべきだった。
完全に自分のミスだ。

今の状態ならば変速には問題がないが、この先、欠けた部分が広がったり、更に別の部分が欠けるようだと「このフレームはお終いだね」と店長談。
欠けた部分は偶然フレームに残っていたので、接着剤で固めたらどうか?と尋ねたが「う~ん、微妙だなぁ…変な風にいじるよりも、現状のまま乗っていた方がいいような気がする」と、店長も測りかねている様子。
まぁ、要はオーナーである自分の判断次第…ということだろう。

数日悩んだし、実は今も悩んでいるのだが、取りあえずイチかバチかで接着剤で固めてみようと思っている。
ちょっと試してみたいリペア方法もあるので、とにかく出来ることは全てやってみるつもりだ。
何よりも、このSLX01は気に入っているバイクなのだからね。

ちなみに店長からはこのSLX01の輪行禁止令が出た。
もちろん自分も今後、輪行袋で輪行するつもりは毛頭ない。
やはり車に積んで出かけるのがレーサーには一番のようだ。

nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:スポーツ

2010 New! Team Machine SLR01 [BMC SLX-01]

すでにネット上では情報が飛び交っているが、長い間、BMCロードバイクのフラッグシップだったSLC01がいよいよモデルチェンジするようだ。
その名もTeam Machine SLR01…
フレーム形状はSLX01のモデファイ版に見えるが、アルミ+カーボンのハイブリッドではなくフルカーボンになっている。
フレーム重量は880g(860gとの情報もあり…錯綜中^^;)

SLR1.jpg

画像のフレームサイズは恐らく55と思われる。
果たして、このフレームはBMCのスイス工場で作られるのかな?
シートポストもSLX01のものがモデファイされて搭載されるようだが、個人的にはSLX01の唯一とも云えるウィークポイントがこのシートポストじゃないかと思う。
形状ばかりでなく、その辺りも改善されているとは思うが、素直にインテグラルシートポストにしちゃった方がいいんじゃないかなぁ…ってのは余計なお世話だね^^;

SLR2.jpg

しかしまぁ、やっぱりカッコいいね^^
それに嘘か誠かは分からないが、SLX01よりは「硬くない」らしい^^;
本当にそうならば…SLXで良かったなぁ、と思うのは負け惜しみですか?^^;

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

SLX01…シートポストにFIBER GRIP [BMC SLX-01]

以前、Zzzさんのコメントで、シートポスト付近からの軋み音にFIBER GRIPを塗布したところ、ピタリと治まったというものがあった。
その軋み音らしきものが、とうとう自分のSLXからもするようになった。
…ということで、さっそく買ってきましたよFIBER GRIP^^;

R0010349.JPG

塗る前に注意を読むと…

R0010352.JPG

あ…やっぱり、塗った部分には傷が残るかもなのね^^;
まぁ、もともと傷がついてるし、見えない部分なんで構わないんですが^^;

チューブから出した手触りは、なるほどザラザラしているジェルだ。
これをシートポストに塗ってフレームにセット。
はみ出た分は普通にウエスで拭き取れる。

シートの高さを調整して近所を少し走ってみたが、確かに軋み音はしなくなった。
少し距離を乗りたいところだが、獄長に注文したEdge705が届くまでお預けにしておこう。
…ということで、しばらくは様子見。
これでシート周りが少し落ち着いてくれれば良いのだが…。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

即席雨水シールド - SLX01 [BMC SLX-01]

いよいよ明日はMt.FUJIヒルクライム…な訳だが、どうにも天気がチト微妙。
まぁ、予報では大丈夫な感じなんだが、降られてしまった時に、またシートポストが抜けなくなるのは困る。
しかし、以前Zzzさんに教えて頂いたケミカルはまだ買ってないし…と、工具箱をひっくり返してみたら、自己融着テープ(ブチルテープ:屋外アンテナのコネクタ防水とかに使うヤツね)が出てきた(!)
これでいいジャン^^

R0010010.JPG

という訳で、車にバイクを積む前にチャッチャッと処理。
最悪、降られてもど~にかなるでしょ。
んだば、これから会場に向けて出発しま~す。

<2009年8月13日追記>
ブチルテープはあくまでも即席対処なので、走り終わったらすぐにはがして下さい。
長い時間貼っておくと、塗装の一部が剥がれる可能性もありますよん^^;
</2009年8月13日追記>

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - BMC SLX-01 ブログトップ
メッセージを送る